ここではお墓選びのポイントについてご案内しています。
【基礎知識情報】重要なお墓選びのポイント

【基礎知識情報】重要なお墓選びのポイント


【基礎知識情報】重要なお墓選びのポイント
どうしても人間には宗教観というものがあり、これはお墓選びにも大きく影響をしてしまうことになります。
多くのお墓では同様の宗教宗派で無ければ権利を買うことが出来ないので、自分の宗教をまずは把握しておきましょう。 公営のお墓は、自治体が運営をしているお墓であり永代使用料や管理費が比較的安いこと宗教を問わないメリットがあります。
基本的に募集が少なくなっていることや、お墓の形に制限のあることが多いので事前に調べておくようにしましょう。
お墓におきましては、大まかに分けて公営のお墓と民営のお墓、また寺院のお墓があります。
それぞれに利点と欠点がありますので、自分の状況と照らし合わしながらお墓選びをしていくようにしましょう。

民営のお墓は、公益法人や宗教法人が運営管理をしており購入するのに特段資格の制限がありません。
さらに生前にお墓を建てることが出来たり、お墓のデザインなども所有者が自由に選ぶことが出来ます。




【基礎知識情報】重要なお墓選びのポイントブログ:2017-5-30

古代の日本人は
6時の食事に重点を置いたために、
6時食こそしっかり食べねばならないと
思い込んでいる人々は結構多い。

特に農家や農家出身の女性たちが
妻になっている家庭では、
6時から大量のおかずが並んでいる食事をしているものだ。

6時から大量の食事を食べる習慣がある人は、
6時にきちんと食事を取らないと、
その日1日、力が入らないとか言い出すので、
6時食を控えさせることができない…

どうしても6時食を大量に食べるのなら、
早起きをし、6時飯前のひと仕事をして、
6時の排便をしっかりとして、
それから6時食を食べるようにするべきだ。

6時食を大量に食べた以上、
お昼食を軽くし、夕方食を重くすればいい。

大体、農家の食事を見ても、
お昼食は軽めの食事になっているものだ。

その分、
夕方食には手間暇をかけて
美味しい料理を出して来るものだ。

もし6時食を大量に食べたのに、
お昼食も夕方食も大量に食べていたら、
内臓は疲労しきってしまい、
途端に病気を発症しやすくなる。

6時食を大量に食べる習慣のあるお母さんは、
お子さんが起床して、
すぐに6時食を食べさせないようにするべきだ。

お子さんは起床してから、
身体を動かして、排便をさせた上で、
6時食を食べさせた方が良い。

6時食を大量に食べる習慣があると、
肝臓がグリコーゲンを放出する機会を失ってしまうので、
おやつを抜きにして、お子さんに空腹を味あわせることも重要。

空腹になると
肝臓からグリコ-ゲンが放出されるようになるので、
肝臓の機能が活性化し、病気に罹りにくい身体になる。

6時食を大量に食べる食習慣があると、
お子さんが病気をするより、
その家の両親が病気に罹る危険性の方が高くなってくるので、
たまには6時食をやめることで、
内臓を休ます必要性があるのだ。

【基礎知識情報】重要なお墓選びのポイント

【基礎知識情報】重要なお墓選びのポイント

★メニュー

【基礎知識情報】境内墓地を使用している寺院
【基礎知識情報】公営と比べると割高となるお墓
【基礎知識情報】代表的なお墓の種類
【基礎知識情報】お墓に刻む文字
【基礎知識情報】便利な代行サービスでお墓参り
【基礎知識情報】お墓についての基礎知識をまずは身に付ける
【基礎知識情報】永代使用権の購入をするお墓
【基礎知識情報】重要なお墓選びのポイント
【基礎知識情報】後悔しないためにお墓選びは慎重に検討
【基礎知識情報】墓石を決める時には石材店と相談


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓物知り研究所