【基礎知識情報】境内墓地を使用している寺院

間違ったお墓選びをしてしまいますと、お墓の管理者が適当だったりして、後々苦労をしてしまうこともあります。
今ではインターネットで数多くのお墓の口コミ情報を知ることが出来ますので確認をしてみてください。 原則として寺院の境内墓地を使用するのはその寺の檀家に限られることとなります。
このことから新しく墓地を購入した後には檀家となり、その宗派によって法要等を行う必要があります。
お寺が近所にあるケースが多くなっており、寺院にお墓を建てることで葬儀や法事に非常に便利です。
僧侶に依頼をすることによっていつでも読経、そして供養してもらうことが可能ですので永続性や管理面は安心出来ます。

 

寺院のお墓の場合にはお寺の行事や法要などの時に、檀家としてお布施を求められることも考えられます。
そして石材店を自分で選ぶことが出来ない場合もあり、指定石材店となります。

車 金融
http://www.kuruma-kin-u.info/



【基礎知識情報】境内墓地を使用している寺院ブログ:2017-6-13

母が外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
母が外国語を喋れないとやり出すものに、
息子への外国語教育がある。

母が外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
息子の頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れない母はこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かな母たちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我が息子に外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
その息子の脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそも息子というのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

母の意思によって
息子は外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

母が外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我が息子に勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
息子に外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。


このページの先頭へ戻る