【基礎知識情報】便利な代行サービスでお墓参り


【基礎知識情報】便利な代行サービスでお墓参りブログ:2016-3-02


太っていたときの俺は、
減量のために、
ごはんや菓子パンなどの炭水化物を控え、
糖分や塩分も控え、脂肪分も控え、
肉は完全に食べずに過ごしていました。

それでも、全然痩せませんでした!

減量が成功しなかった原因は、
実は、栄養失調だったようです。

ところで、
島国である日本人には、
特別なDNAが受け継がれているといわれています。
それは、節約遺伝子といって、
食糧が確保できなくなったときに飢えて死んでしまわないよう、
栄養が不足すればするほど、脂肪をため込もうとする遺伝子です。

減量で栄養が不足してくると、
節約遺伝子が活発になり、生命を維持するために
なんとしても痩せないように頑張るのです。

みなさんは、
食事制限の減量をして、
せっかく一時的に体重が落ちたのに、
すぐにリバウンドして、
かえって以前より太ってしまったという経験ありませんか?

それには、この遺伝子が大きく関係しているんです!

栄養が不足してくると、身体は「節電モード」になります。
身体が普段使うエネルギー量を最小限にして生命を維持します。

そんな状態のところに食べ物がちょっと入ってくると、
身体は「このチャンスを逃したら大変だ」とばかりに、
そこから思いっきり栄養をとろうとします。

栄養が十分な身体であれば、あっという間に、
基礎代謝で消費してしまうようなエネルギーも大切に使おうとするため、
結局、それが脂肪として身体にたまってしまうのです。

このようにして、食べない人は、
だんだんと減量が成功しにくい
身体になっていくんですね。

減量を成功させたいなら食事をしましょう!
自分の身体を味方につけることが、
減量にとって大切だと思います。


脱毛 鹿児島
http://datumou-chihou.com/kagoshima/

クラウド 安全におまかせ
http://cloudpack.jp/service/security.html

出会い系詐欺の最新情報
http://sagihigai-hotline.com/deaikei/

本当に当たる占いチェック
http://petite-petal.com/fortune_teller/

後払い.comへ
http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/%E5%BE%8C%E6%89%95%E3%81%84.com%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88


このページの先頭へ戻る