【基礎知識情報】便利な代行サービスでお墓参り

お墓参りの時期になると、ほとんどの人がご先祖のお墓に出向き、近況報告やその他何かを祈っているかもしれません。
そんな時に立地条件が悪いとやはりお墓に行くのも面倒くさくなってしまうのでお墓選びは非常に重要なのです。 お墓が遠方に位置していたり、お墓を守る親族が高齢の場合ですとお墓のお掃除もままならなくなってしまいます。
そんな時には、お掃除の代行サービスに依頼をするのも一つの方法となります。
お墓に向かって焼香して、合掌をし、お墓お参りをするのが一般的となっています。
故人が好きなお酒やビールなどをかけるのは控えて、カラスや野良猫に荒らされてしまいますので供えた供物は、持ち帰るようにしましょう。

 

植木の剪定や草取りが大変な場合には、玉砂利を敷き詰めたり石を張ってもらうなどのリフォームもお墓の代行サービスはしてくれます。
中にはお墓参りに行けない場合におきましては、墓参の代行をしてくれる業者もあります。



【基礎知識情報】便利な代行サービスでお墓参りブログ:2017-10-10

日本語には、
「お腹」を使う表現がいろいろありますよね。

「腹を決める」(決心する)、
「腹が据わる」(度胸がある)、
「太っ腹」(度量が広い)、
「腹を切る」(責任をとって辞める)などなど‥‥

このように昔からある
「お腹」にまつわる表現を見るにつけ、
お腹は、気持ちや考え、度胸、姿勢などを左右する
大切な体の部位だということが再確認できます。

みなさまは、いかがでしょう?
気分がすっきりして、姿勢もよいときは、
知らないうちにお腹にキュっと適度な力が入っているのでは?

反対に気持ちが萎えて、
なんとなく前屈みになってしまっているような時は、
お腹から力が抜けてしまっているのではないでしょうか?

お腹に力を入れるには、腹筋を使います。
でも、年齢とともに腹筋は衰えてしまいます。

下っ腹がポッコリと出てしまったり、
腹圧が弱くて便秘がちになったりするのも、
腹筋の衰えが原因のひとつにあげられるようです。

「腹を割る」まで腹筋を鍛える必要はありませんが、
健康的で快適な日々を過ごすためには、
日頃から腹筋を意識して使うようにしたいものですね。

ただし、急に激しいトレーニングをしては、
かえってこしなどを痛めてしまうこともあります。

それよりも、
日々、家事や仕事をするときにおへその少し下辺りを意識して、
お腹をキュッと引き締めるようにしたり、
ゆっくりと腹式呼吸を繰り返したりするだけでも、
しっかりと腹筋を使うことができますよ。

もちろん、
簡単な腹筋トレーニングもおすすめします。
テレビを見ながら、あるいは真夜中寝る前などに
少しずつやってみましょう。


このページの先頭へ戻る